LENDEX(レンデックス)の仕組み

LENDEX(レンデックス)を利用するとインターネットを通して投資ができます。
しかしこれらは最近登場したサービスですから、その仕組みがよくわからない方もおられるでしょう。
適切に利用するためにも、LENDEX(レンデックス)の仕組みについて簡単にご紹介します。

これはソーシャルレンディングの1つとなるサービスです。
ソーシャルレンディングとはインターネットを通して個人投資家と資金を必要としている事業者とを結びつけるサービスのことです。
ソーシャルレンディングでは事業者が投資の募集を出していますから、利用者はそれを見て自分が投資したい案件を選びます。

こうやって投資が集まると、そのお金はソーシャルレンディング側でとりまとめ、投資の募集をした事業者へと貸付されます。
事業者はそのお金を使って事業等を行い、それで得た収入から借入金の返済を行うのです。
その返済はソーシャルレンディング側が窓口となり、そのお金のうち手数料に相当する金額を徴収したあと、残ったお金を個人投資家へと返還します。
個人投資家へと返還されたそのお金が個人投資家の取り分となるわけです。
元本の返済も同じ流れで行われます。

このような仕組みになっているのですが、つまりこれはソーシャルレンディングを仲介して事業者などへお金を貸しているわけですね。
お金を借りると返済時に利息が必要になりますが、それが投資家にとっては配当という形での収入になります。
金融機関が普段やっているような貸付事業を個人で行うのは難しいでしょうが、それが簡単にできる方法の1つがこのソーシャルレンディングになるわけです。

LENDEX(レンデックス)もそのソーシャルレンディングの1つですから、このサービスを利用することで、どこかの事業者へ自分のお金を貸せるのです。
運用期間は決まっているのですが、その期間を過ぎると元本もすべて返済されます。
これで個人投資家がもともと持っていたお金は元通りとなり、それに加えて配当のお金も入っているはずですから、資産を増やせたことになるのです。

LENDEX(レンデックス)でできる投資の仕組みはこのようになっています。
つまりは銀行などが行っている貸付事業と似た仕組みなのですが、貸付するときにLENDEX(レンデックス)が仲介してくれる形となるため、個人投資家としては投資先の案件を選ぶことと、お金を出すだけでこのような投資ができます。
さらにこれはインターネット上で利用できるサービスですから、具体的な手続きは画面操作が基本です。
非常に簡単に余っているお金を活用した資産運用ができる仕組みになっています。